読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉時代の京都

鎌倉時代


今回は鎌倉時代から室町時代を歩く!

私自身の黒歴史にはとても目が当てられないので、500年くらい遡って振り返ってみようと現実逃避した次第です👸✨



手始めに建仁寺

平安時代くらいに、源頼朝(源氏)と平清盛平氏)との間に一悶着ありまして、鎌倉時代は武士たちがブイブイいわすようになりました😎🎶

天皇?公家?たちによる落ちぶれた仏教に対抗して武士や庶民のための仏教が始まります。
(浄土宗とか日蓮宗とか)



そのうちのひとつ禅宗というのを栄西禅師さんがクリエイトしました。
禅宗臨済宗曹洞宗黄檗宗があるよ)
建仁寺臨済宗専門なりました)
(注釈が入りすぎだよね)


建仁寺が建てられたのは、たぶん鎌倉幕府第2代将軍源頼家パトロンになってくれて荘園を譲ってくれたみたいないきさつかな❓🤔


よくわかりません


建仁寺は芸術も建築も素敵なので、
またきちんと調べて書きたいと思います❣️






そして鎌倉幕府は、京都の天皇?公家?たちが余計なことをしないようにと、六波羅探題という、やりたい放題できる警察とか裁判所的なノリのアレを京都に置きました❗️👮🗯

それをぶっ潰したのが、室町幕府を作った足利尊氏後醍醐天皇です。



六波羅探題
六波羅蜜寺内にあるよ)


もともとは馬鹿でかい広大な土地でしたが今は跡形もありません。ノースゾーンとサウスゾーンで別れていました。




地獄への入り口六道珍皇寺のご近所です👻👻🎶



この辺りは庶民の葬場とされ疫病が流行ると野晒しの死体や人骨がごろごろとあり、そのことから六道の辻(あの世との境目)といわれているらしいです。




こういう曰く付きの場所、奇妙なほど真新しく明るいところが多くないですか❓

不自然な雰囲気が堪りません・・・



ハッピー六原笑い路地なんてネーミングで、どうにかこうにか負のイメージを打ち消そうとしている町の姿がなんとも不自然さを助長させます・・・



そんな六波羅の民を全力で助けようとしたのが空也上人さんです👏😌✨


六波羅蜜寺の宝物コーナーに、そこそこ有名な空也上人立像があります❣️

激カワなのでぜひご覧ください❣️



足利尊氏後醍醐天皇は「敵の敵は味方」ばりに協力して六波羅探題を潰しましたが、そのあと足利尊氏後醍醐天皇の政治が気に入らずケンカしてしまいます。

それがたぶん南北朝のアレですね🙋💨


南北朝のアレの舞台は嵯峨や嵐山のあたりに移ります。

次回はその辺りを攻めましょう❗️👮🗯



帰りに烏丸三条あたりにある伊右衛門サロン京都で腹ごしらえしました🤤🤤💦

京都にしては美味しい


烏丸通りのひとつ西側が室町通です。

足利尊氏のお家花の御所があった通りで、かつてはメインストリートでしたが今は跡形もありません。



私もゆくゆくはお金持ちになって大きな家に住みたいなと思っていましたが、やっぱり賃貸でいいです・・・

けど、別荘はいくつか欲しいです・・・

第2回ダークネスツアー

ダークネスツアー

前回訪れた縁切り神社 安井金毘羅宮のご利益か祟りか彼氏と別れることになりました。

「友達ができますように」とお祈りしたつもりが御祭神にきちんと伝え切れていなかったようです。まあ仕方ありません。



というわけで、誠に遺憾ながら今回は傷心旅行のような形となってしまいました。



第2回ダークネスツアーは貴船神社(< rp>きふねじんじゃです!



貴船神社が建てられたのは大昔、たぶん神話の時代のことです。

おブスな女子 磐長姫(< rp>いわながひめが失恋を経験し「みんなが私のようにつらい思いをしないように」と祀られてくれたおかげで縁結びの神社となりました。

縁結びの神社であると同時に「丑の刻参り」「宇治の橋姫」など禍々しい言い伝えのある場所でもあります。ばっちり心霊スポットです。






本宮で水占みくじをします。

QRコードを読み取れば外国語でも内容を確認することができます。とても風流ですね。





山を登ること5分 奥宮に向かいます。

この山道が例の心霊スポットらしいです。事前学習を怠ったせいで全く気が付きませんでした。







太陽の光が雪に反射してヤバイくらい素敵です。雪解けの雫が社から滴る様子は本当にヤバかったです。


ついつい貴船神社のテーマ曲「時雫」を陽気にハミングしてしまいそうです。


ところで神社にテーマ曲いります?





杉と楓が合体した御神木
夫婦や男女の仲睦まじい姿を連想させるらしいですが、この木の裏にも藁人形や五寸釘の跡があるのではと考えると少し複雑です。




イイ女は元彼が生きていることにも寛容でなくてはなりません。

アフガニスタンの奥地で凍えながら獣のフンでも集めて暮らしてほしいとは思いますが、決して呪ったりはしません。



ヒールの高い靴で勇ましく佇む彼女もきっとそう感じているはずです。



そして、最後に磐長姫が祀られる中宮をお参りすればミッションクリアです。


気分爽快!叡山電車に乗り込みポエムでも考えながら家に帰りましょう!

第1回ダークネスツアー

ダークネスツアー


第1回ダークネスツアーと称しまして、新年早々京都のおどろおどろしいスポットを訪れました。



ここは安井金毘羅宮
「悪縁を切り良縁を結ぶ祈願所」



花見小路の裏のラブホ街の奥という好立地!




参道内に身を潜める葵ホテル
案の定レビューはついておりません。




安井金毘羅宮は668年くらいに藤原鎌足(ふじわらのかたまり)によって建てられ、1123年に即位した第75代 崇徳天皇のお気に入りの場所だったらしいです。


崇徳天皇は1156年の保元の乱で色々あり隠岐国へとばされ「大魔王になる!」と宣言し、怨念であれこれやらかした方で、日本三大怨霊(菅原道真 平将門)のみならず、日本三大悪妖怪(酒呑河童 玉藻前)の一人として数えられているそうです。


ググると「検索してはいけない言葉」「3回見たら死ぬ絵」みたいなイラストが出てきました。



安井金毘羅宮では体験型アトラクション 縁切り縁結び碑や、ツイッターの裏垢よりも恐ろしい内容が書かれた絵馬などを見ることができます。




次は六道珍皇寺




わたくし20代女性にとって六道といえば彼のことですが、仏教においては地獄などのことを意味します。


その地獄との分岐点にあるのが六道珍皇寺で、小野篁(おののたかむら)が夜な夜な六道珍皇寺内の井戸から地獄に通い閻魔王宮の役人として働いていたと言われています。



小野篁は「子子子子子子子子子子子子」の方です。

賢くて運動もできるけど変な狂人。おそらく今頃転生していたらメンサの会員でしょう。




地獄の入り口である井戸も拝見したかったのですが、しんみりした人気のなさと雪の冷たさに負け半泣きで帰りました。

20代女性による京都に関するブログ

お知らせ


こんにちは!


最近、京都の奥深い愉しさを知り、一人で細々と通い詰めている20代女性です。


せっかくなので記録していこうと思い立ちホームページやブログを作りました。



主に寺社仏閣を巡ります!よろしくね!