読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第2回ダークネスツアー

前回訪れた縁切り神社 安井金毘羅宮のご利益か祟りか彼氏と別れることになりました。

「友達ができますように」とお祈りしたつもりが御祭神にきちんと伝え切れていなかったようです。まあ仕方ありません。



というわけで、誠に遺憾ながら今回は傷心旅行のような形となってしまいました。



第2回ダークネスツアーは貴船神社(< rp>きふねじんじゃです!



貴船神社が建てられたのは大昔、たぶん神話の時代のことです。

おブスな女子 磐長姫(< rp>いわながひめが失恋を経験し「みんなが私のようにつらい思いをしないように」と祀られてくれたおかげで縁結びの神社となりました。

縁結びの神社であると同時に「丑の刻参り」「宇治の橋姫」など禍々しい言い伝えのある場所でもあります。ばっちり心霊スポットです。






本宮で水占みくじをします。

QRコードを読み取れば外国語でも内容を確認することができます。とても風流ですね。





山を登ること5分 奥宮に向かいます。

この山道が例の心霊スポットらしいです。事前学習を怠ったせいで全く気が付きませんでした。







太陽の光が雪に反射してヤバイくらい素敵です。雪解けの雫が社から滴る様子は本当にヤバかったです。


ついつい貴船神社のテーマ曲「時雫」を陽気にハミングしてしまいそうです。


ところで神社にテーマ曲いります?





杉と楓が合体した御神木
夫婦や男女の仲睦まじい姿を連想させるらしいですが、この木の裏にも藁人形や五寸釘の跡があるのではと考えると少し複雑です。




イイ女は元彼が生きていることにも寛容でなくてはなりません。

アフガニスタンの奥地で凍えながら獣のフンでも集めて暮らしてほしいとは思いますが、決して呪ったりはしません。



ヒールの高い靴で勇ましく佇む彼女もきっとそう感じているはずです。



そして、最後に磐長姫が祀られる中宮をお参りすればミッションクリアです。


気分爽快!叡山電車に乗り込みポエムでも考えながら家に帰りましょう!